大阪のホテル専門マッサージ 

大阪のホテル専門マッサージ店 オイル専科

島バナナ

time 2017/03/28

島バナナ


「島バナナ」って?

「島バナナ」とは、沖縄在来種の小型のバナナです。大きさは普通のバナナと比べると半分くらいでしょうか、ちょうどモンキーバナナと同じくらいの大きさです。大きさも同じくらいで見た目は似ていますが、島バナナとモンキーバナナは別物です!

バナナの品種は全世界に約300種類も存在していますが、その中でもこの島バナナは、糖度と酸度のバランスが良く、もっとも味がよいバナナと言われているのです。通常、バナナというと「甘み」という感じですが、島バナナは強い甘みと適度な酸味、香りがあり、とてもバランスのとれた濃厚な味わいです。また、ギュッとつまったような、もっちりとした食感で、いつも食べているバナナとはひとあじ違いますよ。

沖縄県内であっても島バナナは生産量がとても少なく、稀少なフルーツです。島バナナの木は繊維質で強い風が当たると倒れてしまうため、台風で全滅してしまったりと栽培が難しく、生産におけるリスクが高いため、生産農家の数が少ないのが理由です。その分、普通のバナナに比べると値段も高くなっています。島バナナは、初夏から初冬にかけて収穫されます。

島バナナの栄養価

子どもの頃、風邪をひくとバナナを食べさせられた経験はありませんか?栄養価の高いフルーツとして、病気の際の定番フルーツですね。島バナナにはカリウム、マグネシウム、食物繊維などが豊富で非常に栄養価が高く、中でも注目すべきはフラクトオリゴ糖が入っていることです。食物繊維やフラクトオリゴ糖が消化を助けてくれて便秘解消の効果があり、フラクトオリゴ糖がは腸内のビフィズス菌を増やすはたらきもしてくれるのです。カリウムには、体内の余分なミネラルを排出し、血圧を調整する作用があるので、高血圧や脳梗塞、動脈硬化の予防効果が期待できます。また、汗で失われたカリウムも補えるので、島バナナは夏バテにも効果的です。また、血糖値を下げる働きがあるとも言われていて、糖尿病の予防にも効果があるようです。さらに島バナナには、実は抗酸化物質のポリフェノールが豊富に含まれているのです。その含有量はなんと果物としては最高値!ポリフェノールは赤い色のものに含まれていると思っていた私はこれにはびっくりでした。老化防止やがん、生活習慣病の予防も期待できるということですね!バナナの白い筋も取り除いてしまってはもったいないですよ。なんとこの白い筋に抗がん作用があることが最近わかってきたようです。そのうえ低カロリーときたら、食べないわけにはいきません。ちいさな果実にたくさんの栄養が詰まっているんですね。島バナナ、すばらしい!!

島バナナの食べ方

島バナナは青い状態で収穫されるので、収穫してすぐには食べられず、追熟が必要です。黄色く熟し、いい香りがしてきてシュガースポット(黒い斑点)が出てきたら食べられます。ちょっと黒くなりすぎちゃったかな、というくらいがさらに美味しいと思います。

 

ご予約・お問い合わせ
080-2441-8325
ご連絡をお待ちしております。

down

コメントする