大阪のホテル専門マッサージ 

大阪のホテル専門マッサージ店 オイル専科

バナナの秘密4

time 2016/12/13

バナナの秘密4

今日はバナナの意外なほど優秀な栄養価についてお話しします。

今はいつでもどこでも売っている庶民的な果物というイメージですが、かつては 高級舶来果実としてバナナは滋養強壮に役立つ高栄養食品として知られていました。 もちろん今も栄養面から見ても優れた特性を持っているんです。 カロリー、タンパク質は ジャガイモに匹敵するほどですし、カルシウム、カロチン、繊維質などをたっぷり 含んでいて、特にビタミンAの含有量は果物の中ではトップという成績です。また バナナの糖分は体の中で消化吸収しやすい果糖やブドウ糖に変わるので、病気の時に うってつけなんです。風邪を引いたらバナナ!というのは栄養学的にも正しい 考え方なんですね。

そして最近はスポーツフードとしても注目されています。 TVで見たことないですかね?トライアスロンの競技中に給水ステーションでバナナが 選手に手渡されるシーンというのを。運動している最中に補うエネルギー源として、 このバナナがもっとも適しているからなんです。その秘密は、リンゴとバナナを 比較しますと4倍近くも多く含まれているカリウムという無機質。このカリウムは 体に取り込まれますと、筋肉の中で即!エネルギーに転換される性質を持っている んだそうで、つまりスポーツしているときにバナナを食べると、そのエネルギーが 筋肉の瞬発力、持続力をグゥ~ンと高めてくれるという訳なんです。

いくら高エネルギーと言っても、お肉やお魚は消化しパワーに変わるまで とても時間が掛かります。その点バナナは食べれば即 戦力となる訳ですね。 スポーツをしてる最中のみならず、スポーツする前あるいはその日の朝食にバナナを 一本! もはやこれはスポーツ業界の常識のようです。

さらに最近、帝京大学の研究者グループが、バナナが免疫力を高めるというデータを 発表したのもバナナ界の話題の一つでもあります。まだマウスを使った動物実験の 段階なんですが、バナナの抽出液をマウスに与えたところガン細胞が小さくなった、 そしてなくなった、という結果が出たそうです。今のところ、免疫システムの中で 重要な役割を持っている白血球の数を多くする機能がバナナの中に含まれてるのでは なかろうか?というお話。すぐに人間に当てはめる事は出来ないとのことですが、 それでもリンゴやパイナップル等、10数種類の果物の中でバナナだけが飛び抜けた 効果を見せたそうです。なかなか興味深い話ですよね?

隠れたバナナの能力、これからどんどん明かされるかも知れません。

 

ご予約・お問い合わせ
080-2441-8325
ご連絡をお待ちしております。

down

コメントする