大阪のホテル専門マッサージ 

大阪のホテル専門マッサージ店 オイル専科

アンチエイジングの鬼 バナナ

time 2016/10/19

アンチエイジングの鬼 バナナ

バナナがアンチエイジング効果のある食べ物ということは、あまり知られていません。

実は美肌やアンチエイジング効果がとても高い果物なんですけどね~。

そのバナナに「食べ時」があることは、もっと知られていませんね。

アンチエイジング効果を期待して、バナナを食べるのなら、「ここ!」というタイミングがあるんですよ。

「朝バナナ」みたいに「いつ」食べるか、というタイミングではありません。

「どの状態のバナナを食べるのか」という「食べ時」です。

バナナのアンチエイジング効果や美肌効果が最大に期待できる、バナナの「食べ時」が
いつかを知りたいとは思いませんか?

まず、どんな状態のバナナがいいかを先に言ってしまいますと、黄色バナナです。

黄色バナナとは、色が完全に黄色になっててどこにも青い部分がないバナナです。

両端がほんの少し青い、という状態のものはまだ黄色バナナじゃありません。

柔らかすぎず、食べたときに弾力があるバナナのことです。

柔らかさが先行するようになったバナナは茶色バナナなので、熟れ過ぎないように注意して下さい。

黄色バナナに、なぜアンチエイジング効果があるかと言うと、活性酸素を除去する働きがある抗酸化物質を
多く含んでいて、抗酸化力が高いからです。

活性酸素は、金属に錆がつくのと同じように、体内の細胞や組織を錆びつかせ、
しみやしわの原因にもなるものです。

それを除去する抗酸化力が、一番高いのが「黄色」バナナなんです。

また、ビタミンB群の中でも
「美容ビタミン」と呼ばれる、
ビタミンB2・ナイアシン(ビタミンB3)、
ビタミンB6が、他の主な果物と比べ
多く含まれています。

だから美肌効果も得られるんですね。

「黄色にこだわるのは何故? 他の時はダメなの?」
という疑問が、当然あると思いますが、答えは「ダメ」です。

バナナは、完熟度によって一番効果が得られるものが、違ってくるんです。

例えば、青めバナナの時には「整腸効果」が、茶色バナナには、「免疫力を高める効果」が一番得られる効果なんです。

ちなみに、茶色バナナはシュガースポットが出てる状態です。

私はこの茶色バナナにこそ、美肌効果やアンチエイジング効果があるのだと思ってたんですが、違うんですね~。

なんか、完全に熟している方が、栄養価とか効果がありそうじゃないですかw

美肌効果を狙ってる方の中に、私みたいな思い込みをしていたり、「完熟して甘いほうが美味しい」という理由で
茶色バナナを食べてる方はいませんか?

もしそうなら、それはもったいないですよ。

一番アンチエイジング効果も美肌効果も高い黄色バナナの時を逃さず食べて、効果を最大に得ましょう!

バナナの熟成度は、一晩で一気に進みますが一番良い時を逃さないようにして下さいね。

大阪出張マッサージはオイル専科が人気です!

 

ご予約・お問い合わせ
080-2441-8325
ご連絡をお待ちしております。

店主

down

コメントする